ナチスの爪あとを訪ねて

記者:矢野宏

第2次大戦末期、米英軍による無差別空爆に見舞われたドイツ東部のドレスデン。市街地の8割近くが破壊された大空襲から67年目の2月13日、東京、大阪の空襲被災者らと現地を訪れ、1万人の市民による「平和の鎖」に参加したことは先月号でご紹介した。今回は、第二の訪問先であるベルリンに残された「ナチス・ドイツの爪あと」をご報告する。

ドレスデン空襲の追悼式典が行われた2月14日の午後、ドイツを訪問した一行は特急でベルリンに向かった。ドレスデンから北へ160㌔。車窓から雪が舞う風景を眺めて2時間あまり、ベルリン中央駅に降りると雪は小雨に変わっていた。

かつてプロイセン王国の都として発展したベルリン。第2次大戦ではナチス・ドイツ最後の激戦場となり、徹底的に破壊された。戦後は戦勝国の米英仏が西ベルリンを、ソ連が東ベルリンを分割統治。さらに「ベルリンの壁」が築かれたことで、ますます東西に引き裂かれる。28年後に壁が崩壊し、東西ドイツは統一され、ベルリンは再びドイツの首都になる。人口340万人、面積は東京23区の1・5倍。ドイツ最大の都市である。

中心街のポツダム広場には高層ビルが立ち並び、色鮮やかなイルミネーションが輝き、若者たちの笑顔があふれていた。ドレスデンでは見られなかった光景である。

翌15日には今回のツアーの訪問団長で、大阪大学大学院准教授(ドイツ現代政治)の木戸衛一さんの案内で市内を回った。以下、駆け歩き観光のいくつかを紹介する。

ベルリンの壁

ベルリンの壁は市内の中心部、財務省庁舎(ナチ時代の航空省)やベルリン市議会の建物前

▲ベルリンの壁

の大通りに、その一部が残されていた。コンクリートの壁面には落書きがあり、削られたところからは錆びた鉄骨がむき出しになっている。長さは100㍍、高さ4㍍ほど、壊されないように金網が張られていた。

壁が築かれたのは1961年8月13日。東ドイツの中に西ベルリンがあり、自由を求めて西への逃亡が相次いでいた。東ドイツ政府は若い労働力が西へ流出するのを防ぐため、ベルリン市内の東西境界線43㌔と西ベルリンを囲む国境線155㌔に壁を設置した。壁ができてからも脱出を試みる若者は後を絶たず、200人近くが殺傷されたという。

壁が崩壊するのは89年11月9日。国境も解放され、90年10月3日、西ドイツへ東側が編入する方式でドイツは統一される。

壁が崩壊して20年あまり、旧東ドイツ国民への偏見はなくなったのだろうか。

今回のツアーを支援してくれた在ドイツ日本大使館の専門調査員で空襲研究家の柳原伸洋さんは首を振る。

「ドイツは今、好況で失業率は統一以来最低となっているにもかかわらす、ザクセン州(州都ドレスデン)の失業率は11%。その一方で、旧西ドイツ領のバイエルン州が3・9%です。旧東ドイツにネオナチが目立つのも、失業や社会に対する若者の不満があるからです」
この壁の南側は旧西ベルリン。かつての秘密警察ゲシュタボやナチ親衛隊本部があり、戦争で破壊されたまま長らく放置されていたという。

「古文書にベルリンの名前が初めて登場して750年目の87年、当時の西ベルリン市民の間で『過去を見つめ直す必要がある』という声が高まり、ゲシュタボ地下室の留置場や独房の壁などが市民の手で発掘されました」

そう言って木戸さんが指さした先には、壁の下からレンガ造りの部屋の跡が見える。

さらに、放置されたままだった跡地に記念館を建てようという運動が市民の間に起こり、第2次大戦終結65周年を前にした2010年5月7日に完成したのが、ナチスによる暴力支配と戦争をパネルで紹介する資料館「テロの地誌学」である。開館式で、当時のケーラー大統領は「過去との対話はわが国の自己理解の基本であり、若者の学びの場となることを望む」と挨拶している。

展示された資料によると、ヒトラーが政権を獲得したのは1933年1月。躍進の背景には、共産勢力の躍進に脅威を感じた財界による献金があった。2月末、国会議事堂放火事件をきっかけに共産党を弾圧し、憲法で保障された基本的人権や労働者の権利を停止させた。3月に入って行われた国会議員選挙でナチスは288議席(全体の43・9%)を獲得。立法権を政府が掌握する「全権委任法」を成立させ、独裁体制を確立。34年8月には大統領死去に伴い、ヒトラーは国家元首を兼ね、国民投票で、80%を超える支持を得た。警察権を握ったヒトラーは、反対派や不満分子を次々に逮捕、処刑していく。ドイツ国民は自ら選んだ独裁者によって不幸のどん底に突き落とされる。

ユダヤ人虐殺慰霊碑

ナチスによって虐殺された欧州のユダヤ人犠牲者を慰霊する顕彰碑は、ベルリンの中心・ブランデンブルク門の南側にある。近くにはドイツ連邦議会や各国の大使館、文化施設などが立ち並び、新宿や梅田などに南京虐殺の慰霊碑を作るようなもの。

ユダヤ人虐殺慰霊碑

2万平方㍍の広大な敷地にコンクリート製の棺のようなブロックが2711基。縦2・38㍍、横0・95㍍、さまざまな高さ(0㍍から4㍍以上)で連なっている。幅は1㍍ほどで車いすも通れる設計になっており、中に入ると迷路に迷い込んだかのような感じになる。

ナチスは500万人から700万人のユダヤ人を虐殺したと言われている。さらに、劣等民族や不穏分子というレッテルを張り、ロマ人、ポーランド人、知的障害者や同性愛者なども殺害している。

「ナチスは五体満足で健康なアーリア人純血主義思想の下、この基準に外れる人たちをはじめ、異端者を片っ端から収容し抹殺していったのです」という説明を聞きながら、東京都の石原慎太郎知事が重度障害者の施設を視察したあと、「ああいう人ってのは人格あるのかね」「安楽死につながるんじゃないか」と語った言葉を思い出した。

処刑場記念館

ベルリン郊外にある国内政治犯を処刑した「プレッツェンゼー処刑場」記念館。ナチスに抵抗した一般市民が幽閉され、正当な裁判を受けることもないままに処刑されていった。犠牲者は2891人に上るという。今ではナチスの虐殺を歴史の記憶に残すため、記念館として保存されている。

処刑場記念館

冷たい鉄格子の薄暗い処刑室には花がささげられ、窓側には首吊りロープを張った釘も残っている。隣の部屋にはここで殺された市民らのマグショット(逮捕された際に撮影された照明写真)が展示されていた。どの表情も物悲しい目線をしており、思わず目を逸らしてしまった。

「許せないことに、ナチスは死刑執行の手数料、勾留費、執行料を遺族に請求していたのです」と、普段は温厚な木戸さんが怒りを込める。

ナチスが掲げた民族浄化や排外主義に反対し、自由と解放を求めて声を上げたことで無残な殺され方をしたドイツ市民たち。私ならどう生きただろうかと、ふと考えた。「おかしいことはおかしいと言える時代」に生きていながら、私たちはその権利を行使しているのだろうか。

総統官邸地下壕

ナチス政権の中枢部を訪ねた。総統官邸のほか外務省や法務省などがあったが、ソ連軍のベルリン攻撃で徹底的に破壊され、現存する建物は何一つない。

地下壕は総統官邸の中庭に設けられていた。資料によると、地下15㍍、天井のコンクリートの厚さは4㍍、300もの部屋に仕切られていた。

ヒトラーは4月20日、地下壕で56歳の誕生日を迎え、30日に地下壕の一室で自殺した。地下壕は戦後、入り口が爆破されただけで、本体は現存している。一般公開すると、ネオナチの巡礼地になりかねないと長年非公開だったが、2006年6月に案内板が立てられ、現在は赤土の空き地が広がっている。

一般的に「ドイツは加害に、日本は被害に向いている」と言われている。その理由について、柳原さんは「日本は原爆の悲劇、ドイツはホロコーストの悲劇が国際的に象徴化されたのが大きい」と説明し、日独の歴史認識の違いについてこう語ってくれた。

「旧西ドイツはフランスやイギリスと仲直りしなければ、冷戦下の欧州で孤立してしまうため、フランスやイスラエルとの和解も積極的に進めます。ここにナチスの加害との取り組みも重なってくるのです。日本は東シナ海と38度線に冷戦の境界があったために、加害事実を直接突きつけられることが少なく、アメリカとだけ特に仲良くすればよかったのです」

さらに、柳原さんはこうも言い添えた。「西ドイツでは、市民運動としての反戦運動や平和運動が育っていき、国際化していったのに対して、日本の場合は内向きと言わざるを得ないでしょう」

学校現場で「君が代」「日の丸」が強制される今だからこそ、加害に向かうドイツの姿勢を学ばねばならない。

Comments Closed