堺大空襲 「記憶」を「記録」に/「うずみ火」がDVD製作

DVDのカバー

記者:矢野宏

「うずみ火」が大阪府堺市の委託を受けて制作していたDVDとビデオ「堺大空襲」(全4巻)が完成した。67年前の堺大空襲で炎の中を逃げ惑った人、かけがえのない家族を奪われた人、家財産を焼失して苦難の戦後を生き抜いた人など、37人が語り継ぐ証言映像。堺市立平和と人権資料館から無料で貸し出され、学校や地域社会での平和学習に役立ててもらうことになっている。

堺市は、太平洋戦争末期の1945年3月から8月にかけて5回の空襲に見舞われた。
なかでも7月10日未明からの第4次空襲は、米軍による無差別空爆で当時の市街地の6割以上が焼失、3000人もの市民が死傷するという甚大な被害をもたらした。100機を超える米軍の爆撃機B29が襲来したことから、「堺大空襲」とも「第6次大阪大空襲」とも呼ばれている。
あの惨劇から67年が過ぎ、戦争を知らない世代が4分の3を占めるようになった。戦争そのものが歴史の中のひとコマになりつつある中で、空襲を体験した人たちの証言を映像で残す「緊急雇用創出基金事業『平和情報収集・発信事業』」を堺市から委託された。

体験者の証言を収録

2010年度には大阪府からDVDとビデオ「大阪大空襲」(全5巻)の制作を委託されており、これが2回目。

風化しつつある堺大空襲の体験者の「記憶」を「記録」に残すため、うずみ火では昨年11月から空襲体験者のリストアップを開始。取材依頼、インタビュー、撮影、編集など、作業は今年の5月中旬まで続いた。
完成したDVDのタイトルは「堺大空襲」。全4巻に、37人の空襲被災者の体験やメッセージを収めた。

45年7月9日午後10時半、堺市に空襲警報が発令された。当時19歳だった柴辻英一さん(86)はその様子をこう語る。
「ラジオを聞いていると、和歌山方面に敵機来襲と言うので、外へ出て遠くを眺めていたら、和歌山方面の空が真っ赤になりました」
一夜にして1300人が犠牲になった和歌山大空襲である。
和歌山との距離は50㌔。ほどなく堺では警報も解除され、ラジオニュースも和歌山を攻撃していたB29が退去したことを伝えた。堺市民の多くが「今夜は大丈夫」と思って寝床に入ろうとした10日午前1時半ごろ、堺の上空に116機のB29が襲来し、焼夷弾攻撃が始まった。
3月、6月と、それまでの堺空襲は、大阪を襲ったB29の一部が波状攻撃したものだったが、この日の空襲は堺そのものがターゲットだった。
郊外から堺の街を眺めていた網佑子さん(75)は「真っ暗な中に畑が広がっていて、その向こうが真っ赤に燃えているんです。それはどきどきしながら見ていました」。 当時15歳だった中田美智子さん(82)も「ちょっと高いところから見ていると、焼夷弾が落ちるとワッと燃えているんです。バッと破裂したら火の海です」と振り返る。
最初の焼夷弾は阪堺線「大小路駅」付近に着弾。大浜や竜神、宿院など、街の中心部が火の海と化した。
宮川徏(すすむ)さん(78)の自宅は大小路駅の近くで、燃えさかる火の中を逃げたという。
「母と姉が弟を背負い、僕と3人で旧市内をずっと東へ逃げました。今の堺東の銀座街を抜けると、新たなB29が飛んできて油脂爆弾を落としたんです。街が燃えているでしょう。上がハレーションを起こして下が見えない。足元を見たら死体が転がっていて思わず飛びのいたこともありました」
当時14歳だった本城永一郎さん(81)も「焼夷弾は落ちた瞬間に中の油が沸騰しているから、パッと散った瞬間に火の海になる。川に落ちても一面バーッと燃えるのです。だから、川に逃げていた人も一瞬にして焼けてしまうんですわ」。
この日の空襲は1時間半ほど続いた。779㌧もの焼夷弾が投下され、市街地は火の海となった。避難する途中で焼夷弾の直撃を受けて倒れる人、逃げ場を失って猛火に包まれる人など、悲惨な最期を遂げる市民も少なくなかった。
この空襲で1860人が亡くなり、7万人が罹災した。
奴井(ぬい)利一郎さん(70)は母と2人の姉を失い、自身も大けがを負った。奴井さんは当時3歳。その日の未明、空襲警報が発令され、奴井さんら一家8人は町内の防空壕へ逃げ込んだ。そこに焼夷弾が直撃し、入口が燃え上がった。母は奴井さんを抱いて火の中をくぐって全身大やけどを負い、奴井さんも身体の左半身が焼けただれ、焼夷弾の破片が腰に突き刺ささっていた。奴井さんは九死に一生を得たが、8歳になるすぐ上の姉は即死、母も6日後に力尽きた。
「母ともっと話したかったし、愛情がもっとほしかった。今でも無念でなりません……」

完成したDVDは全4巻。1巻は26人の証言を積み上げる形で堺大空襲の概要(38分28秒)を伝えている。
2巻と3巻は「疎開編」(25分26秒)と「学徒動員編」(27分30秒)。4巻では堺大空襲にまつわる2冊の絵本を取り上げた。
空襲で母と弟を失った浜野絹子さん(73)の体験を、作家の早乙女勝元さんが絵本にした『おかあちゃんごめんね』と、空襲で幼なじみを亡くした絵本作家の田島征彦さん(72)の作品『ななしのごんべさん』。

「おかあちゃんごめんね」(左)と「ななしのごんべさん」

田島さんは堺大空襲の前日、大阪・泉佐野市へ疎開した。空襲の翌日、父親が堺へ戻ると自宅は全焼し、隣に住んでいた3歳の女の子も亡くなっていた。その事実を知った田島さんは、「狂おしいほど腹が立った」。次の世代に伝えねばならないと思い続け、完成まで11年かかったという。
田島さんは「罪のない人たちが、小さい子どもたちが空襲のために死んでるんです。なくても良かったことなんですよね。戦争のこと、平和のことを、若いお母さんにも若い人たちにも分かってもらわないといけません」と語り、浜野さんも「世の中というのは10人いたら10人、100人いたら100人、顔色や考え方が違うんです。それを特定の方向に束ねるというのは絶対したらいけません。一人ひとりの違いを認めるということが大事だと思います」というメッセージを送ってくれた。

なお、DVD「堺大空襲」(全4巻)は、堺市立平和と人権資料館(フェニックスミュージアム ☎072-270-8150)か、堺市人権推進課(☎072-228-7420)で貸し出している。無料。

Comments Closed