避難者同士の結び目に

福島出身の若者たち

記者:矢野宏、栗原佳子

 東日本大震災から1年3カ月。東京電力福島第一原発事故によって被災地を離れた避難者たちは、先の見えない生活を強いられている。避難生活が長引くなか、当事者同士つながり、支えあおうと動き出した福島の若者たちに話を聞いた。

  大阪・中央区のオフィスビル。この春、「関西県外避難者の会 福島フォーラム」の事務所が産声を上げた。住宅、就職、医療、原発賠償。避難者が直面する種々の問題を解決するため、弁護士らとも協力し、総合的に支援する。
 「県外避難者の中でも、福島県出身者の問題は複雑です。僕自身、避難生活を続ける中で、これらの問題が自分だけでは解決できないと感じ、福島の人たちのネットワークをつくらなければならないと痛感しました。具体的な自立のお手伝いができたら」

 代表の遠藤雅彦さん(28)は福島県いわき市出身。大阪市内の市営住宅で避難生活を送る当事者だ。
 昨年3月11日、遠藤さんは沿岸部の豊間の自宅で激震に遭遇した。空は晴れ、海は凪いでいた。だが遠くで雷鳴を聞き、津波が来ると直感した。奥尻島の大津波の前にも同じ前兆があったと記憶していた。自宅にいた祖父(81)と母(56)を乗せ、車を出した。まさか、もう二度とこの家に戻ることが出来なくなるとは夢にも思わずに。

友人たちが送ってくれたスーツは遠藤さんの宝物だ

 大津波、さらに原発事故。遠藤さんは避難先に大阪を選んだ。大学時代を関西で過ごし友人たちが沢山いる。着の身着のままで逃げてきた遠藤さんに、友人たちは、住む場所も、働く場所も、仕事用の背広までも提供してくれた。
 遠藤さんは、同じ避難者に思いを重ねた。孤立した状態で、様々な悩みを抱えているのではないか。手探りでツイッターでの発信をはじめた。
 つぶやきが縁で福島市出身の避難者とつながった。昨年9月「関西県外避難者の会 福島フォーラム」を設立。その後、福島県の地域づくり総合事業の指定も受け、避難直後から親身にサポートしてくれた大学の後輩、坪倉正佳さん(26)もスタッフに加わった。
 「福島の人は声を上げることが苦手な人も多いので、同郷の人間がいることが必要。顔と顔とを合わせ、向き合って初めてわかることもあります。避難者の自立支援とともに福島県への支援もしたい。貢献というとおこがましいですが、福島のために何か役に立てたら、と思っています」
 いわきの「みなし仮設」に入居した家族とは一人離れて暮らす。懐かしい家はもう門柱しか残っていない。ときどき古里の夢を見る。夢の中で豊間の海辺を歩いている。

 昨年4月に福島県富岡町から両親と避難してきた修田翔(しゅうでん・つばさ)さん(25)は、大阪市ボランティア情報センターの嘱託スタッフとして東北と大阪をつなぐ情報紙の編集に携わっている。
タイトルの「IMONIKAI(いもにかい)」は、東北地方の名物行事「芋煮会」のこと。創刊は昨年6月。修田さんは「創刊にあたって」と題した一文を寄せている。
 <さまざまな地域からいらっしゃった人々が鍋を囲み、あったか~い会ができるよう、その架け橋になれるような情報紙を目指して発行していきたいと思っています>
 昨年3月11日、修田さんは東京にいた。勤めていた会社が倒産したため、就職活動中だった。富岡町の実家には両親と祖母が暮らしていた。家は高台にあったので津波被害こそ免れたが、原発事故で町が警戒区域に指定され、避難を余儀なくされた。
 富岡町には福島第二原発がある。ここで生まれ育った修田さんにとって原発は「あって当たり前の身近な存在」だったが、その原発によって家を追われ、故郷まで失った。

 父親の仕事の都合で両親とともに大阪へ避難してきた修田さんは、ボランティア情報センターなどが初めて開いた「がんばろう東北 住民のつどい」に参加したのがきっかけで、避難者向けの情報紙作りを依頼された。
 取材や編集などの経験はない。「大阪にある福島や宮城、岩手の県事務所に取材へ行き、何を聞いていいかもわからず、緊張の連続でした」と振り返る。それでも、周りのスタッフに助けられ、創刊号から毎月1回、休むこともなく号を重ねてきた。
 A4判で4㌻。大阪への避難者の中で元気に頑張っている人を紹介するコーナーや、大阪弁護士会による法律相談、就労や催しなどの掲示板など、生活に役立つ情報を発信している。
 大阪市内には現在、約230世帯500人の避難者が公営住宅などで生活している。うち7割が福島県からの原発避難者で、2割弱は母子避難だという。

修田さんと毎月1回発行している『IMONIKAI』

 「放射能を恐れ、子どものためにと避難してきたのに、夫を被災地に残しての二重生活。住まいや生活費、将来への不安によるストレスから子どもに手を上げてしまったという母親もいます。原発事故の関連で避難してきた人は先が見えにくいですね」
 抱える悩みや不安はそれぞれ違う。だからこそ、「どういう記事を求めているのか。避難している人の気持ちを把握するよう努めています」。
 「IMONIKAI」は戸別訪問による手渡しが基本。社会福祉協議会の職員と避難者とをつなぐ架け橋でもある。「支えになっています」という避難者からの一言が忘れられない。
 「避難生活から定住を考えている人も増えています。避難者から地域の一員へ。情報紙を通じて日常の生活支援ができたら、と」

Comments Closed