共に震災乗り越えた息子の事故死

神戸の岡田征一さん・育代さん
無免許運転の車の犠牲に

記者:矢野 宏

 阪神・淡路大震災の発生からまもなく18年。神戸市長田区で営んでいた酒屋が全壊し、コンビニエンスストアに改装して再建の道を歩んできた岡田征一さん(74)、育代さん(70)夫妻に再び試練が訪れた。パトカー追跡による巻き添え事故で、長男の日出雄さん(46)が亡くなったのだ。「ようやく立ち直ったと思ったら、まさかこんな大きな試練が待っていたとは……」。育代さんはそう言って涙ぐんだ。

CIMG8120

師走に入る前、岡田さんから届いた喪中ハガキにはこう記されていた。

<長男 日出雄 去る8月5日 46歳にて永眠致しました>

お供えと一緒にお悔やみの手紙をお送りしたところ、ご丁寧な返信が届いた。日出雄さんは原付バイクに乗っていて、パトカーに追跡された暴走車と激突して亡くなったことがつづられ、事故から4カ月たった今の気持ちが添えられていた。

<日々息子がいなくなった実感がわいてきて寂しさが募ります。どうして、その時間、その場所に遭遇したのか……。悲しく思います。裁判はものすごく疲れます。息子の命は帰ってはきません。盗難車、無免許、パトカーの追跡……。法はどう裁くのか。凛とした態度で参加しています。

息子が愛したお店を守り、孫に託したいと思っています。「何のこれしき負けないわ」と空元気で頑張っています>

岡田さん夫妻は、長田神社前商店街で1950年創業の「岡田酒店」を経営していたが、阪神・淡路大震災で店が全壊した。震災後、プレハブの仮設店舗で商売を再開し被災地の復興に夢を託した地酒「福倖酒」を売り出すなど、街の酒屋として再建を模索してきた。

だが、顧客の多くは遠くの仮設住宅に入居しており、地域に人が戻ってこない。日出雄さんの助言もあって、コンビニエンスストアとして再出発したのは震災から5年あまりが過ぎてから。以来、10年以上にわたって日出雄さんは店長として従業員20人を指導し、24時間営業で店を切り盛りしてきた。

その日出雄さんが事故に巻き込まれたのは8月5日の午後10時50分ごろ。現場は、店の前の市道を500㍍ほど北に上った長田区長田町4丁目の交差点付近。原付バイクで店を出て自宅マンションに向かう途中の出来事だった。

征一さんによると、パトカーの追跡を受けていた軽乗用車が信号で止まっていた車を避けようとして反対車線にはみ出し、走ってきた日出雄さんの原付バイクと正面衝突したという。

「息子は車のボンネットにはね飛ばされ、左側に落ちたところを数百㍍にわたって引きずられ、ほぼ即死だったようです」

受話器の向こうで、征一さんはため息をこぼした。

事故までの経緯を伺うと、こうだ。

神戸市北区山田町の山麓バイパスで一時停止を無視して走り去る軽乗用車を検問中の署員が発見。待機していたパトカーが赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして追跡したが、軽乗用車は南へ4㌔逃走し日出雄さんをはねたあと、ガードレールに激突して止まった。

署員が後部座席にいた男性(25)から事情を聞こうとしたところ、運転席にいた27歳の男は助手席に乗っていた8歳の息子を連れて逃走。20分後に近くのマンション駐車場の車の下に隠れているところを見つかり、自動車運転過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕された。軽乗用車は盗難車で、男は運転免許証を持っていなかった。

「大きな存在」実感

神戸高速鉄道「高速長田駅」の階段を上がり、大きな朱色の鳥居をくぐって左手すぐのところに岡田さんのコンビニがある。訪ねたときが昼過ぎだったこともあり、近くの高校生たちがパンやおにぎり、カップ麺を持ってレジの前で列を作っていた。

20121213_152355(1)

「コンビニの仕事は24時間休みなしでしょう。仕事が追いかけてくる感じで休まる時がないのよ。あまりの忙しさに2人で逃げ出したいくらい。店は息子が中心でやってきたから、いなくなって初めて存在の大きさがわかるわ」

そう語る育代さんの横で、征一さんも頷きながらこう言い添えた。

「音頭を取る船頭がいなくなったからね」

「でも、従業員たちが頑張ってくれているから助けられている。お客さんからも『頑張っているね』と声をかけてくれるし、人は宝やね」と、育代さんは努めて明るく振舞おうとしている。

店の奥の倉庫に入ってきた従業員の一人に店長の印象について尋ねると、「店長は仕事に対して厳しい人で、それでいて優しい人でした。よく鍛えられました」と振り返ってくれた。それを聞きながら、育代さんがつぶやいた。

「もう少し生きてくれていたらと、つい愚痴になるのよ」
突然の事故死ゆえ、実感がわかなかった。日が経つにつれて「ああ、いないんやなあ」と思うようになった。それでも、今でも息子がいないことに気づき、呆然とすることもあるという。

「店の裏にいつも止めていたバイクがない。どんどんどんと階段を下りてくる足音に、ふと息子が帰ってきたと思うこともあるのよ。心の温かい子でしたから……」

亡くなる1カ月前に、「二人で旅行でも行って来れば」とお小遣いをもらった。そのお金も葬儀代になったという。
「お母さん、『さか』には三つあるんやで。上り坂、下り坂、そして『まさか』」と笑っていた日出雄さん。そのまさかが起きるとは……。

日出雄さんの妻は事故前から膠原病を患っており、日出雄さんも案じていたという。育代さんが「孫に店を託したい」と手紙に書いていた中学3年の長男は事故前に父親と旅行へ行く約束をしていた。父親の突然の死を受け入れられないのか、不登校になっているという。

震災で店が全壊し、仮設店舗で頑張ってきた時のことに話を向けると、育代さんは「これも与えられた試練だと思い、気持ちを立て直してきた。けれど、こんなに大きな仕事が残っていたとは……」と言って涙ぐんだ。

反省みえぬ被告

現在、神戸地裁で運転していた男に対する刑事裁判が行われている。これまでに3回の公判が開かれ、岡田さん夫妻は欠かさず傍聴している。

CIMG8110

「でもね、疲れるのよ」と育代さん。

「男の顔を見るのもつらい。一度見ただけでもう見たくないと、裁判の間はずっと顔を伏せている」という。

男はひき逃げ運転について「視界が悪かったのでコンクリートにぶつかったのかと思った。人をはねたこととはわからなかった」と繰り返し否定している。事故後、逃走したことについても「子どもが逃げたので追いかけた」と認めようともしない。

傍聴席の知人に向かって手を振るなどしたため、裁判長が「社会復帰したら人間としてやっていけるのですか」と諭す一幕もあったという。

「弁護士に言われたのでしょう。一度だけ、男から謝罪の手紙が来ましたが、文面からはまったくといっていいほど誠意が伝わってきませんでした」と育代さんが振り返ると、征一さんもぽつりこぼした。

「死刑にしてくれとも言えず、これも運命かな、と。どんな刑が出るのか」
罪状は、最高刑が懲役20年の危険運転致死傷罪ではなく、自動車運転過失致死傷罪。「法定刑が7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下」の罰である。無免許運転であっても故意な危険運転ではなく、過失とみなされることに、岡田さん夫妻は納得がいかないという。

さらに、警察に対して不信感も募る。

「即死だったかもしれませんが、病院へ搬送せずに検視したことに親としてはどうして病院へ搬送してくれなかったのか、納得がいかないですね。それに、裁判で『逮捕するのに一生懸命だった』と説明していましたが、無理な追跡をしていたのではないかという疑念が拭えません。なぜ、息子が死ななければいけなかったのか。本当のことを教えてほしいです」

求刑は12月26日午後2時半から行われて結審。判決は年明けにも言い渡されるという。

Comments Closed