うずみ火2013年10月号表紙

scan525

 

1面~3面…「福島・相馬市ルポ『また置いてきぼりなのか』」(栗原佳子)
4面~5面…「原発避難者集団提訴『ふつうの暮らし』守るために」(鈴木祐太・矢野 宏)
6面~7面…「今月の核『東日本大震災から2年半』」(高橋 宏)
8面~9面…「ヤマケンのどないなっとんねん
『失策続きの橋下市政 誤り認めず なお強弁』」
10面~11面…「ウクライナ・ルポ『免疫力低下の子供が増加』」(粟野仁雄)
12面~13面…「世界で平和を考える『シリア内戦』」(西谷文和)
14面~15面…「ドイツの脱原発と再生可能エネルギー」(森山和彦・矢野 宏)
16面    …「ピースおおさか考える『加害展示撤去を認めるな』」(鈴木祐太・矢野 宏)
17面    …「メディアの裏側『取材とお行儀』」(在京スポーツ紙記者)
18面~19面…「読者近況 みんなのひっとパレード」
20面    …「落語の江戸『長屋のおかみさん①』」(落語作家・さとう裕)
21面    …「会えてよかった『岡田典子さん後編』」(小松尾直利)
22面~23面…「OSK日本歌劇団とその時代『私 辞めるの嫌です!』」(三谷俊之)
24面    …「坂崎優子がつぶやく『平和当事者の向かう道』」
25面~28面…「読者からのお手紙&メール」
29面    …「『島唄よ風になれ!』刊行」(栗原佳子)
30面    …「うずみ火掲示板『阪急沿線謎解き散歩』出版」「編集後記」
31面    …「うもれ火日誌」
32面    …「10月の『うずみ火講座』・ヤマケンの『ドイツ報告』」
10月12日(土)キャンパスポート大阪 午後2時から
テーマ:参院選後の日本、総選挙後のドイツ
~市民運動が抱える課題と可能性~
「11月の『ジャーナリスト講座』」のお知らせ
日程:11月2、9、16日(土)午後1時から
場所:大阪市東淀川区の市民交流センターひがしよどがわ

Comments Closed