季節料理「川上」

読者②ホッと一息味も引き継ぐ

阪急東通商店街を北へ入った雑居ビルの一階奥。店の入れ代わりが激しい大阪・堂山町で40年間、二代にわたって暖簾を守っている。

昭和を思わせる引き戸の向こうは、10人ほどが座ればいっぱいになってしまうカウンター席のみ。店の奥には、先代のママ、川上弘子さん(享年75)の写真が飾ってある。

「ママが亡くなって今年で5年になります。店を引き継いだ当初は5㌔ほど痩せました。これまで2人でやっていたことを一人でやらないといけなかったので」

ママと二人三脚で店を切り盛りしてきた「みこちゃん」こと西森美智子さんが引き継いでからも店の雰囲気はそのまま。お客さんから「もっと自分の色を出せばいいのに」と言われることもあるが、「自分の色なんてないから」と控えめ。

季節料理「川上」

季節料理「川上」

カウンターのテーブルには大鉢に入った手作り料理が並ぶ。春を感じさせる「若ごぼう」「のれそれ」「こんにゃくとごぼ天」……。こちらもママの味を受け継いでいる。

「家へ帰る前にホッと気分転換してもらえる場になれば」という二代目ママに店の自慢を尋ねると、「ええところはお客さんでしょ」。常連客から「料理が美味しいよ。あ、みこちゃんもね」と合いの手が入る。一見さんも巻き込んでしまう温かな店である。(矢野)

・大阪市北区堂山町8の23 サンヨー会館

・06・6314・2820 午後5時~11時(日、祝日休み)







「読者の店」に戻る
うずみ火事務所からのお知らせに戻る

Comments Closed