書籍・DVD

書籍

ブックレット「住民投票までに知っておくべき嘘と真」発売中

新聞うずみ火が7月から開講している「『大阪都構想』を考える連続講座」を一冊のブックレットにまとめ、せせらぎ出版から刊行した。

元大阪市議の柳本顕さん、ノンフィクションライターの松本創さん、立命館大教授の森裕之さんの3人が、それそれの立場から「都構想」とは何なのか、わかりやすく解説している。

税込み500円(送料別)

DVD

黒田さん追悼風刺ライブDVDができました

松崎菊也さんと石倉直樹さんを招いての「黒田さんを追悼し平和を考える集い」のDVDが完成しました。

アブナイゾウ総理、ブアイソウ副総理も出演して1枚1500円。

DVD

DVD「韓国はなぜ『徴用工』問題にこだわるのか」販売中

関大非常勤講師の塚崎昌之さんの講演「うずみ火講座」で、「韓国はなぜ『徴用工』問題にこだわるのか―大阪の朝鮮人強制連行から考える」がDVDになりました。

塚崎さんは在朝鮮人史が専門で、大阪の朝鮮人強制連行研究の第一人者。9月の「うずみ火講座」では、戦中、戦後、現在の強制連行被害者への三つの加害について語り、「想像力豊かに被害者の思いに寄り添うことが求められている」と訴えました。

当日参加できなかった人にも知ってもらいたいと、塚崎さんの了解を得て講演をDVDにまとめました(制作・DO―YAH企画)。職場や地域での学習会で役立てていただくため、レジュメをつけて送料込みで1200円。

申し込みは、新聞うずみ火まで。 

DVD

塚崎昌之さん「韓国はなぜ『徴用工』問題にこだわるのか」(うずみ火編集部)

9月6日の「うずみ火講座」で、「韓国はなぜ『徴用工』問題にこだわるのか―大阪の朝鮮人強制連行から考える」と題して講演してくれた関大非常勤講師の塚崎昌之さんのDVDが完成しました。

塚崎さんは在朝鮮人史が専門で、大阪の朝鮮人強制連行研究の第一人者。うずみ火講座では、戦中、戦後、現在の強制連行被害者への三つの加害について語り、「想像力豊かに被害者の思いに寄り添うことが求められている」と訴えた。

当日参加できなかった人にも知ってもらいたいと、塚崎さんの了解を得て講演をDVDにまとめた(制作・DO―YAH企画)。職場や地域での学習会で役立てていただくため、レジュメをつけて送料込みで1200円。申し込みは、新聞うずみ火まで。 

書籍

「関西電力と原発」(2014年刊行 矢野宏・高橋宏)

関西電力の幹部ら20人が福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題をめぐり、その背景に何があったのかを考えさせてくれる一冊です。

2014年5月に西日本出版社から刊行。1500円+税。

 

〈ジャーナリスト集団「うずみ火編集部」が挑んだ、関西電力と原発の現在過去未来。3・11以来、原発本と東電本は多く発行されていますが、地方原発について語られることは少ない現状、若狭に日本一の原発密集地を持ち、30キロ圏内に琵琶湖を持つ関西人は原発のある未来を選ぶのか否か。関西電力と原発について関西人が主体的に考えるたの一冊です。
 巻末座談会にはフリーアナウンサーの山本浩之さんが参加。1か月間福島に住んで取材をした体験を踏まえた議論を展開してます〉

 

・関西で原発事故が起きたら

・関電の歴史

・国策としての原子力

・原発の未来

・座談会「原発」を語り合う

 

申し込みは、新聞うずみ火まで。

uzumibi@lake.ocn.ne.jp

 

定期購読のご案内 定期購読のご案内

フォローする

facebook twitter