編集長ブログ

新聞うずみ火10月号は特集「北海道地震と台風21号被害」

新聞うずみ火10月号は特集「北海道地震と台風21号被害」台風21号で雨をたっぷり吸った翌9月6日、北海道胆振(いぶり)東部を震度7の直下型地震が襲った。土砂崩落で36人が亡くなった厚真町にジャーナリストの粟野仁雄さんが入り、その惨劇を紹介するとともに、札幌市清田区での「乱開発が招いた液状化」の実情を報告。また、台風21号で深刻な被害を受けた関西国際空港について、関西大学社会安全研究センター長で災害研究の第一人者、河田惠昭さんに私が話を聞いた。 このほか、旧満州からの引揚者の俳優・宝田明さんにインタビュー。12歳まで暮らしたハルピンで見たソ連侵攻による惨状を語っていただいた。(矢野宏) ※写真は、札幌市清田区の液状化現場

新聞うずみ火8月号は特集「西日本豪雨」

新聞うずみ火8月号は特集「西日本豪雨」
西日本を中心とした豪雨の犠牲者は200人を超え、今も12人ほどの行方がわかっていない(23日現在)。3連休初日の7月14日、うずみ火編集部では矢野が愛媛県大洲市で床上浸水したいとこ夫妻を、栗原が読者の安否確認のため広島県呉市を訪ねた。街の4分の1が水没した岡山県真備町に入ったジャーナリストの粟野仁雄さんのルポとともに被災現場を報告。肱川が決壊し、冠水した大洲市では「14年前の水害と比べて雨が少なかったから大丈夫だと思っていた。まさかダムを放流していたとは…」という声も。(矢野宏)
※写真は、呉市でなぎ倒された家。奥の集落は土砂崩れに襲われた

新聞うずみ火6月号は「憲法9条と基地受け入れ」

新聞うずみ火6月号は「憲法9条と基地受け入れ」甲子園球場200個分、常駐する米軍機120機。拡張工事費8000億円かけて極東最大級の航空基地となった米軍岩国基地(山口県)。朝鮮半島まで300㌔と近く、有事があれば出撃基地になることは間違いないという。「愛宕山を守る会」代表の岡村寛さん(74)は言う。「米朝が一触即発になった時、在日米軍基地が標的になるという情報があり、市民の不安は高まりました。この基地は北朝鮮のミサイルの射程内にあり、真っ先に狙われる所です。市民を守るものではありません」。ミサイルによる攻撃を受ける時代、基地は最大級の無駄遣いなのではないか。陸上自衛隊配備計画が進む沖縄県石垣市の実情とともにお伝えする。
(矢野宏)

新聞うずみ火5月号は「『4・3事件』70周年慰霊の旅」

『4・3事件』70周年慰霊の旅
『4・3事件』70周年慰霊の旅

創刊151号の1面は「『4・3事件』70周年慰霊の旅」を取り上げました。
韓国・済州島で島民数万人が虐殺された「4・3事件」から70年。現地で行われた犠牲者追悼式には、大阪からも「70周年慰霊の旅」一行100人が参列しました。注目は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が遺族らに謝罪の言葉を述べるかどうか。文大統領は「国家暴力によるすべての苦痛」について遺族らに謝罪したばかりか、「痛みの歴史を直視すべきである」と語りました。「負の歴史」を見ようともしない、歴史修正主義者の総理に聞かせたい言葉でした。紙面では、追悼式に参列した遺族や「朝鮮籍」の在日たち、北朝鮮のスパイにでっち上げられた元良心囚から4月27日の南北首脳会談を前に融和や統一への期待の声を伺いました。(矢野宏)

新聞うずみ火4月号は創刊150号

「政治資金オンブズマン」共同代表の上脇博之さん

「政治資金オンブズマン」共同代表の上脇博之さん

お蔭さまで、今月号で創刊150号となりました。これまで支えていただき、ありがとうございます。
1面は「財務省公文書改ざん」を取り上げた。
焦点は、誰の指示なのか、何のために書き換えが行われたか。破棄されたと言われた「森友文書」の一部を公開させた神戸学院大教授(憲法学)で「政治資金オンブズマン」共同代表の上脇博之さんに話を聞いた。
上脇さんは、安倍首相が昨年2月17日の衆議院予算委員会で行った――「私や妻が関係していたということになれば総理大臣も国会議員も辞める」という答弁が官僚に対するメッセージだったと見ている。「安倍首相や昭恵夫人が関わっている証拠があればどうにか処理しろというメッセージ。官邸側が『どうにかしろ』と言ったとしたら強制であり、『安倍首相がこう答弁したからわかるよな』と言ったとしたら忖度の強制。官僚が自主的に忖度したのではなく、強制か間接的に促したかのどちらかではないでしょうか」
安倍政権の終わりの始まりとなるのか。(矢野宏)

定期購読のご案内 定期購読のご案内

フォローする

facebook twitter