メディア情報

メディア紹介

朝日新聞の阪神版、神戸版でも紹介されました

5月12日付朝日新聞の阪神版、神戸版で、新聞うずみ火のことが大きく紹介されています。

〈反戦反差別の火 ともし続け〉という見出しとともに、以前、大阪版で紹介された下地毅記者の記事が5段の囲みで掲載されています。

一報をいただいた兵庫県西宮市の読者のNさんからは「いずれにしても、われわれ読者にとりまして嬉しいことです」というメッセージが。

メディア出演

5月27日のMBSラジオ「ニュースなラヂオ」は午後8時~

5月27日(月)のMBSラジオ「ニュースなラヂオ」は、いつものように午後8時スタートです。

在日朝鮮人による民族教育への弾圧事件「阪神教育闘争」をテーマにしたドキュメンタリー映画「ニジノキセキ」が神戸に続き、大阪や京都でも公開されます。なぜ、今、阪神教育闘争なのか。なぜ、映画を制作したのかなどについて話を聞きます。

メディア出演

「新聞うずみ火」の5月のラジオ出演情報

【矢野 宏】毎週月曜日午後8時~毎日放送ラジオ「ニュースなラヂオ」▼25日(日)午前5時~ラジオ大阪「里見まさとの早起き情報スタジオ」▼29日(水)午後3時~ラジオ関西「時間です!林編集長」

【西谷文和】毎週水曜日午後12時過ぎ~ラジオ関西「はんばひろふみ ラジオDEしょー!」

【伊藤 宏】毎週金曜日午後8時55分〜和歌山放送ラジオ「ボックス」▼毎月第1土曜日午後7時半~和歌山放送ラジオ「伊藤宏の脳にきくニュース」

メディア紹介

朝日新聞で紹介されました

3月5日付朝日新聞の大阪版で「反戦・反差別の火 ともし続け」という見出しとともに「新聞うずみ火」のことが紹介された。

<月刊ミニコミ紙「新聞うずみ火」が161号に達した。反戦と反差別の姿勢を鮮明に、前身ともいえる「窓友新聞」に並んだ>

窓友新聞とは、私の恩師である黒田清さんが創刊した月刊のミニコミ紙で、その死去したのにともない2000年8月に休刊となった。読者から復刊を求める声がたくさん寄せられ、それまで所属していた事務所から独立。黒田さんの教えを受けた「弟子たち」と一緒に、2005年10月、新聞うずみ火を創刊した。

朝日新聞の下地毅記者はこう結んでいる。

<災害、戦争、原発など長期連載のほかにも在日朝鮮人や障害者ら市井の喜怒哀楽を真っすぐ取り上げている。北海道から沖縄・西表島まで読者がいる小さな全国紙だ>

メディア紹介

4月29日(月)のMBS「ニュースなラヂオ」は午後7時~「平成特番」

429日(月)のMBS「ニュースなラヂオ」は、「平成特番~次の時代へのメッセージ」を午後7時から9時まで生放送します。

平成という時代の30年間の災害、政治、経済、国際ニュースなどを振り返り、次の時代に大切にしたいことを考えます。前半は、各地の災害現場を見続けてきた兵庫県立大教授の室崎益輝さん。後半は、時事通信社解説委員長の山田恵資さんにスタジオに来ていただき、30年間を振り返ってもらいます。

「ニュースなラヂオ」、29日はいつもより1時間早く、よる7時スタートです。お楽しみに。

定期購読のご案内 定期購読のご案内

フォローする

facebook twitter